turtle's philosophy

新卒で田舎に移住、7年目の主婦ブログ。子育て、パートナーシップ、本、哲学、日々感じることなど。

本当にこころが喜ぶ『もの』をお迎えすると部屋が『もの』に沿ってくる。

こちらのカップ&ソーサーは、
4年くらい前、山口県の萩の窯元&ギャラリーで購入したものです。

 


f:id:nanakoono:20181014195441j:image

 


ちょうど仕事をやめて
旅をしていた私は、
なにかをリセットしたくて。


そんな時期の出逢いでした。

 

 

 

 

あの時は相当な汚部屋に住んでまして。笑

 


部屋で落ち着いてお茶を飲む事も
できないぐらいのゴミと物に
囲まれて暮らしてた。

 

 


物は適当に選んでいたし。
使い捨てだと思ってたから
大切になんて思えなかったし。

 


掃除をするという発想も概念もなく。

 


『部屋が汚くても何の影響もないもーん。』
って思いながらゴミ屋敷生活を送ってた。

 

 

 


いろんな感覚が麻痺してたんだなぁ。

 

 

 


だからね。
当時の私にとってこの
5000円する萩焼きの
美しいカップ&ソーサーは
異質であり、眩しすぎる存在だった。

 


でも勇気を出して

 


『このカップに合うアロマの香るスッキリした部屋と環境に住みたい。』

 


って強く強く願いながら
お部屋にお迎えしたのを思い出した。

 

 


それからは、あんなに麻痺していた感覚が少しずつ戻っていって。

 


自分にとって心地よい部屋、環境、ものを
『選ぶ。』ようになった。

 


******

 


『やらかしまくりの
片付けられない汚部屋女が
随分変わったなぁ。』

 


と。

 


アロマの香るお部屋で
お気に入りのカップ
お茶をしながら!


思ったのでありました。

 

 


月星座牡牛座の私が、
適当なものと、ごみに囲まれて暮らすって
今思うとどんだけ本質をないがしろにしてたんだー!って思うけどね、ああおそろしや。